エステティックグランプリの大きな目的

エステティックグランプリは、エステティシャンが主役となって輝ける最高のステージや、お互いに学びあえる場を提供することで、自らの仕事に夢や誇りを持ち、技術や接客の向上と明確な目標を掲げられるようにすることがエステティックグランプリの大きな目的です。 エステティシャンがエステの技術と接客力を総合的に高めることができるのがエステティックグランプリなのです。

大会理念

「共に学び、共に成長し、共に輝く」

大会スローガン

「夢や誇りを持ったエステティシャンが日本を美しくする」

大会目的

エステティシャンが主役となって輝ける最高のステージや、お互いに学びあえる場を提供することで、エステティシャンたちが、自らの仕事に夢や誇りを持ち、向上心と明確な目標を掲げられるようになる。 エステティックグランプリは、様々な角度から質の向上につながる環境とそのきっかけ作りを行うことで、エステティック業界発展の礎となる大会を目指しています。   エステティックグランプリ開催に至るまでの4つの背景

エステティックサロンに対するイメージ

全国には、お客様に喜んでいただくために、夜遅くまで練習し、必死になって「お客様の夢や希望に応えよう」としているエステティックサロンがたくさんあります。しかし、こんなにも熱い思いを持ったエステティシャンたちが日々エステ技術向上や理論修得に努力していることはあまり知られていません。 それよりも、エステティック業界へのイメージは、強引な営業による契約の諸問題などにより、一般消費者に迷惑をかけてきた歴史などばかりが取り上げられ、グレーなマイナスイメージが非常に強いように感じます。

エステティシャンに輝くステージを提供したい

エステティシャンという仕事は、常にお客様のサポート役であり、なかなか主役になったり、スポットライトが当たる機会がありません。そんな中、「エステティシャンに輝くステージを提供したい」という想いが強くなり、本大会が生まれました。もちろんグランプリファイナル進出を目指して大いに日頃の成果を出していただきたいのですが、我々が考えているのは、結果が全てということではありません。グランプリファイナルに向け、そしてグランプリ獲得に向け、各サロン、エステティシャン個人が、今まで以上に努力をすることになると思います。そのプロセスが重要で、その中にエステティック業界全体の質向上があり、失いかけている一般消費者からの信頼回復につながるのではないでしょうか。

エステティシャンに備わる2つの美力

エステティックには、「美しくなりたいと願う力」と「美しくして差し上げたいと思う力」の2つの力が働きます。  二つの“美力(びりょく)”にたずさわる一人のエステティシャンが変われば周りのエステティシャンが変わる。  周りのエステティシャンが変われば一つのサロンが変わる。一つのサロンが変わればエステティック業界が変わる。エステティック業界が変われば、日本中のお客様が美しく元気になれる。  日本中のお客様が美しく元気になれば、日本が変わるのです! エステティシャン、エステティックサロンにはその力があると私たちは信じています。

エステティシャンが日本を美しく

大会スローガンにも掲げています『エステティックに夢や誇りを持ったエステティシャンが日本を美しくする!』には、キレイになると心にゆとりが生まれる。心にゆとりが生まれると人に優しくなれる。という理念がこめられております。 エステティックは日本中を優しくしていく仕事。エステティックが日本を美しくする。そのために、日本のエステティシャンたちに夢や誇りを持ってもらいたい。この大会で、日本の美力が集結!私たちと一緒にエステティックで働ける喜びや誇りそして感動を共有し「エステティック業界」を、そして「日本」を美しくしていきましょう!

※関西(大阪・京都・兵庫・滋賀・和歌山・奈良)でエステサロンをお探しの方はエスプリで